副業を行うに当たっての税金の考え方

当たり前のように副業を行っている方々が多いように思いますが、実際には副業を行っていて以上の収入を得ると本業と同じように税金を納める必要があります。
わかっているようでこれを理解していない方がおり、後になって追徴課税を受けるなどトラブルになる可能性もありますのでしっかり考えておく必要があります。

もちろん、場合によっては会社に内緒で、または副業が許されていないにも関わらず、何らかの副業を行い、一定以上の収入を得ることにより、地方税が自動的にあがり、人事部門にわかるところとなり、場合によっては会社から処罰を受けることになりかねない、そんなところまで気にしておく必要があるのではないかと思います。

だからこそ、まず副業を行うならなんといっても本業の方が副業に対してどのようなスタンスか確認すること、さらには副業が許されている場合にはどのようなことに注意が必要かなどといった注意までしておく必要があるのではないかと思います。

そこから、次に副業を行うための準備、そして何をすべきかを探し出す。いくらくらいの副業収入があるかみえてきたら、税金の考え方がどうなっているのか、自らが確定申告が必要なのかなど必要に応じて、考えていくことになるのではないかと思います。

こうしたプロセスを踏んでいる中で、実際に副業を行う際の税金の考え方をしっかり学びながら取り組むことが必要になります。
また、副業によってはあらかじめ税金の差し引きを行なって支払いが発生する場合があります。

いずれにしても、まずは専門にしっかり相談するか、もしくは副業を行う際に企業や事業者があるなら、きちんと事前に税金について考え方をヒヤリングしておかねばならないと思います。結果的に自己防衛につながりますし、誰もが安心して副業を行う際に必要なプロセスともいえるでしょう。

このように副業がいかに盛んになったとはいえ、副業探しから納税に至るまでしっかり事前にリサーチしている方々がどれだけいるのか?これはかなり、少ないのではないかと思います。軽くアンケートサイトやポイントサイトから始めた方については特にその傾向が強いのではないかと思います。

いかにして、リスクなく収入を得ることができるか、最初からこの辺までプランニングを行っておかなければ後々失敗することにつながりかねません。それほど準備が難しいわけでもありませんのでリサーチを行うことをぜひともお勧めしたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする